【インプレ'05】木下隆之 レクサス『GS』 デジタル感覚がにじみ出た特性

試乗記 国産車

【インプレ'05】木下隆之 レクサス『GS』 デジタル感覚がにじみ出た特性
  • 【インプレ'05】木下隆之 レクサス『GS』 デジタル感覚がにじみ出た特性
上質な乗り心地と強く頼もしい足腰が『GS』の特徴である。

『LS』が誕生する来年まではレクサスブランドの最上級レンジを受け持つだけに、乗り心地は折り紙付きである。メルセデス『Eクラス』やBMW『5シリーズ』よりも静粛性は優れている。だがそれでいて、走りの質も高いのである。

コーナーで腰砕けになることはない。電子制御サスやESPをはじめとする電子制御システムは細部まで及んでいて、乗り心地と走りと、そして安全性のバランスを整えるのだ。

基本的にはアンダーステア傾向にある。鈍重な感覚はないものの、元気に走る気にさせるものではない。電子制御に頼るだけに、無機質な感覚が残る。その点はBMWなどとは異なる。だがそれがレクサスの真骨頂。それがGSなのだ。V8を搭載するGS430がオススメだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

特集