【インプレ'05】日下部保雄 ホンダ『ステップワゴン』 斬新かつ個性を感じる一台

試乗記 国産車

【インプレ'05】日下部保雄 ホンダ『ステップワゴン』 斬新かつ個性を感じる一台
  • 【インプレ'05】日下部保雄 ホンダ『ステップワゴン』 斬新かつ個性を感じる一台
スタイリングに走りのイメージをウエストラインに表現しているように、ハンドリングを重視した、ホンダらしいミニバンだ。華やかなドライビングエリアなど、これまでの質実剛健的な『ステップワゴン』とは違った雰囲気を出している。

走りも低重心化したパッケージングで、ミニバン特有の大きなロールは緩和されており、ライントレース性に優れたドライブフィールは3代目の特徴だ。メインエンジンは2リッターだが、バランスシャフト付で、振動、回転フィールともにスムーズな吹け上がりでこれもホンダらしい持ち味を出している。4速ATなのがちょっと惜しまれるが、相性は悪くない。

2.4リッターはかなりパワフルでスポーティ、CVTと組み合わされるが、これもマッチングに優れている。3列目への乗降も容易で、シートアレンジにも優れる。フローリングフロアも新しさを感じる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集