【スズキ SX4 発表】カーナビ選択の自由度は高い

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【スズキ SX4 発表】カーナビ選択の自由度は高い
  • 【スズキ SX4 発表】カーナビ選択の自由度は高い
  • 【スズキ SX4 発表】カーナビ選択の自由度は高い
  • 【スズキ SX4 発表】カーナビ選択の自由度は高い
スズキ『SX4』には1.5リットルエンジン装着車と、2.0リットルエンジン装着車があるが、このうち前者にはモジュールタイプのCD/MDヘッドユニットが標準装備されている。後者はオーディオレス+8スピーカーという設定だ。メーカーオプションのHDDカーナビが設定されるのも前者のみ。後者にカーナビを装着したい場合には、ディーラーオプションまたは市販ナビを選ぶ必要がある。

メーカーオプションのカーナビはクラリオン製で、標準オーディオに対する追加金額は税込みで21万円となる。30GB容量のHDDを搭載しており、カーウイングス対応のハンズフリー&ボイスコントロールキット(同6489円)をプラス。入会事務手数料2100円と、月々の利用料金472円を支払えば、カーウイングスのオペレーターサービスやAutoDJなどのサービスを利用することができる。

日産の純正システムとは異なり、最速ルート案内には対応していないが、目的地の設定をオペレーターに一任できるというのはやはり便利。ただし、各キャリアの最新ケータイ(docomo-FOMA、au-1x WIN、Vodaphone-3G)では使えないので、この点にも注意した方がいいだろう。

ディーラーオプション(DOP)のカーナビはクラリオンや三洋電機などの最新モデルを中心に7モデルがラインナップ。1.5リットルエンジン装着車でDOPナビを選ぶ場合、オーディオ交換ガーニッシュと取り付けブラケットのセット(同3098円)が必要となる。iPod接続用アダプターや、地上デジタルチューナーもオプションとして用意されており、市販ナビで取り入れられた機能に遅れを取ることもない。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集