【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
  • 【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
  • 【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
  • 【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
  • 【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
  • 【スバル レガシィ 改良新型】細部まで質感を---エクステリア
マイナーチェンジを行ったスバル『レガシィ』(24日発表)のリヤビューでは、コンビランプのデザインを変更した。

今までシンプル過ぎると言われてきた「ツーリングワゴン」のテールゲートにメッキモールが装着され、上質感を高めている。「B4」(=セダン)はリヤコンビランプの天地方向のサイズを縮小し、バンパー左右にエアアウトレット風のカバーを設けシャープな印象を強めた。ここにはオプションでリヤフォグを装着することも可能だ。

他にもウインカー内蔵のドアミラーのサイズを小型化したり、ヘッドライトを切れ長なデザインに変更するなど、細部の質感も高めている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集