GPMA、コンコルド協定にサインへ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

GPMA、コンコルド協定にサインへ
  • GPMA、コンコルド協定にサインへ
ルノー、トヨタ、メルセデス、ホンダ、BMWからなるGPMAが2012年までF1参戦を継続することがほぼ決まった。GPMAはF1の商業権を所有するCVCとの覚書にサインしたことが発表され、これにて分裂の危機はほぼ消滅したかに思われる。

しかしロン・デニスは、「書類は新コンコルド協定への第一歩にすぎない。まだ先は長い。まだ最終版コンコルド協定ではないが、スタート地点としてはまあまあだ」と冷静にコメント。レギュレーションや金銭面で課題が残っていることを示唆した。

さらに今回の発表はルノーとそれ以外の4社で別々に出されるなど、GPMA内の不協和音も感じられるだけに、まだ一件落着といかないようだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集