【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV

自動車 ニューモデル 新型車

【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】静けさと確かな走りのミニバン専用タイヤ…ブリヂストン レグノGRV

ミニバン専用タイヤにもいよいよラグジュアリータイヤの登場だ。レグノはブリヂストンの高級車用タイヤとしてお馴染みだが、そこに『GRV』と名付けられた高級ミニバンをメインターゲットに据えたタイヤがラインアップしたのだ。

レグノといえば、静かなタイヤというイメージを持っているだろう。GRVもミニバン専用とはいいながらも、従来のレグノシリーズ同様、車室内の静かさを追求して開発された。“ミニバンにサウンドエンタテイメント。”のキャッチフレーズからもわかるように、走行中のタイヤからの音を極力消すようなデザインが施されている。

運転席がある1列目やそのすぐ後ろの2列目シートまでは、何とか気にならない程度のノイズレベルにできても、3列目シートまでとなるとなかなか難しいのが現状だ。それは3列目シートはクルマの骨格上、リヤタイヤの上に座っているようなものなので、タイヤの走行音を余計に感じてしまうからだ。

音対策でわかりやすいのは、トレッドパターンのデザインである。GRVでは、ストレートグルーブから横方向に行き止まりの路地のような溝(ノイズ抑制グルーブ)を設け、接地したときにストレートグルーブを通る空気の圧力を低くして、パターンノイズを減らしているのだ。シャーというパターンノイズを減らすことによって3列目シートの快適性を大幅に高めている。

ブリヂストンの社内計測データでは、音のエネルギーが20%も減ったというから、相当の効果が期待できよう。

また、GRVは静かにするだけでなく、ミニバンの不得意な分野を解決しようとしている。それは重量が重いこと、重心が高いことに対してだ。そのこと自体は、変えることはできないが、それが原因となるふらつきが起きやすいとか、偏摩耗が起きやすいということを解決しようとしているのだ。非対称形状、非対称構造、非対称パターンなど、ミニバンで安全に走れるような対策が豊富に盛り込まれているのも、GRVがラグジュアリータイヤといわれる理由だ。

IMPRESSIONPROFILEタイヤ徹底ガイドTOP
試乗MOVIEQuickTimeWindows Media Player

《こもだきよし》

特集