【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉

自動車 ニューモデル 新型車
【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉
  • 【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉
  • 【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉
  • 【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉
  • 【レクサス LS 披露】センターコンソールは屋久杉
「人が心地いいデザインを突き詰めて行って独創的に仕上げました」と語るのは、トヨタ自動車デザイン本部レクサスデザイン部グループ長の柴田秀一インテリアデザイナー。

「シームレス・アンティサペーション(Seamles Anticipation)、すなわちユーザーの気持ちを絶えず先取りすることにより、モノの形を越えた経験をデザインに取り込むこと、日本のもてなしの心に通じる要素はレクサスのデザインフィロソフィー、L-finesseの要素の一つです」

「通常のデザイン開発では最初にメーターやコンソールを配置しますが、LSではまず最初に人にとって気持ちのいい空間を作り、それを削り、あるいは囲みこむように、包み込むようにデザインして行きました」

「インテリアの下半分は、剛性感のある面つくりで囲まれ感を、上半分は開放感を表現しました。たとえばリアに座った場合の、フロントシートバックの上下を分ける線もそうです。これは左右の広がりも表現しています。またドアトリムは人が手に触れるアームレストや肩の線に合わせて柔らかい素材が使われていますが、その形は『IS』や『GS』同様『切り返し』が使われています」。

「センターコンソールは屋久杉のイメージです。フロアからグッと生えて、センターから左右に枝が伸び、神秘性や生命感溢れるオーラを出すつもりで、デザインしました」
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース