【リコール】トヨタ グランビア など10車種、走らない止まらない

エコカー 燃費
トヨタ自動車は4日、『グランビア』など10車種のプロペラシャフトとブレーキブースタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。95年9月から05年10月まで生産された7万6248台が対象。

4駆車の前輪プロペラシャフトでトランスファ側ユニバーサルジョイント部の熱対策不足で、高速走行や登坂走行などで温度が上がるとグリースの潤滑性が低下する。そのまま使用を続けるとジョイント部の摩耗が進み、最悪の場合はジョイント部が破損して走行できなる恐れがある。

また、救急車で制動倍力装置内のゴム製ダイヤフラムの耐熱性が不足し、エンジンルームの熱影響でダイヤフラムに亀裂が生じることがある。そのま使用を続けると、倍力作用が損なわれて制動距離が伸びる恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、D-GPSサービスを2008年3月で終了 画像 トヨタ、D-GPSサービスを2008年3月で終了
  • 【レクサス GS450h 発表】デンソーがコンバータや電池監視ユニットなど開発 画像 【レクサス GS450h 発表】デンソーがコンバータや電池監視ユニットなど開発
  • トヨタが入社式、渡辺社長「躍進に浮かれることなく」 画像 トヨタが入社式、渡辺社長「躍進に浮かれることなく」
  • スズキ アドレス125、1万台をリコール…ミラーがグラグラになるおそれ 画像 スズキ アドレス125、1万台をリコール…ミラーがグラグラになるおそれ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース