【ホンダ シビック 新型発表】車名変更も議論した

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ シビック 新型発表】車名変更も議論した
  • 【ホンダ シビック 新型発表】車名変更も議論した
  • 【ホンダ シビック 新型発表】車名変更も議論した
  • 【ホンダ シビック 新型発表】車名変更も議論した
もともとファミリーカーとしての人気を博した『シビック』だけに、エントリーカーとのイメージが強い。このため、ホンダでは新型開発にあたって「車名変更も長い時間をかけて議論した」(土橋哲専務)という。

かつて大衆車と呼ばれ、シビックなどとともに日本のモータリゼーションをリードした日産の『サニー』やマツダの『ファミリア』は、すでに名前が消えた。

新型シビックの投入(22日発表発売)にあたっては「過去のイメージを払拭するため、この際思い切って」(土橋専務)という検討もしたという。

ただ、シビックは累計生産が1600万台とホンダの四輪車では最多であり、「ホンダとともに成長した基幹車種」(福井威夫社長)だけに、“自己否定”はできなかったようだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集