【リコール】フォードまたもや大量380万台

エコカー 燃費
【リコール】フォードまたもや大量380万台
  • 【リコール】フォードまたもや大量380万台
フォードが380万台ものSUVのリコールを発表した。問題はクルーズコントロールのスイッチ部分で、発火の恐れがあるという。

対象となるのは1994年から2002年モデルの『F150』ピックアップ、『エクスペディション』、『ブロンコ』、『リンカーンナビゲーター』で、現在までに発火などのクレームが550件寄せられていると言う。

今回の380万台という規模は、アメリカのリコール史上でも5番目という台数の多さ。しかもこの不良箇所が原因と考えられる死亡事故も3件起こっている。

フォードでは以前に同様の問題で2000年モデルの乗用車80万台をリコールしており、徹底した内部調査に欠けていたという批判はまぬがれそうにない。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • 【フランクフルトモーターショー05】フォードのキネティックデザイン…イオシス 画像 【フランクフルトモーターショー05】フォードのキネティックデザイン…イオシス
  • 【フランクフルトモーターショー05】XK 新型、ジャガー新世代 画像 【フランクフルトモーターショー05】XK 新型、ジャガー新世代
  • GM、北米生産を大幅減産へ 画像 GM、北米生産を大幅減産へ
  • トヨタ、カナダ第2工場の建設を発表 画像 トヨタ、カナダ第2工場の建設を発表

特集