【インプレ'05】木下隆之 スバル『R1』 一家に一台ほしくなるセカンドカー

試乗記 国産車
【インプレ'05】木下隆之 スバル『R1』 一家に一台ほしくなるセカンドカー
  • 【インプレ'05】木下隆之 スバル『R1』 一家に一台ほしくなるセカンドカー
軽カー枠すら上限を超えないキュートなフォルムは、『R1』の最大の魅力。『R2』をギッュと絞るように凝縮したことで、じつはむしろ車格が増したように思う。小さいけれど、けしてチープではないのだ。

インパネのデザインや処理、ボディパネルの曲面の艶やかさなど、ミニマムだけど存在感タップリ。ひょいと抱えて走れそうなほどのサイズゆえに、走りは小気味よい。ハードに攻めると、不安定な姿勢に陥りそうになるものの、ハンドリングは刺激的だ。

事情があってR1にするってことじゃなく、ぜひ積極的に、一家に一台セカンドカーとして置いていたいと感じさせる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

特集