スバル R1に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
スバル(ブランド) SUBARU スバル(コーポレート。元富士重工業) スバル R2
スバル ステラ など軽3車種、クランクプーリーが空回り 画像
自動車 ビジネス

スバル ステラ など軽3車種、クランクプーリーが空回り

富士重工業は17日、スバル『ステラ』、『R2』、『R1』、3車種のクランクプーリーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2003年11月28日~2007年7月9日に制作された9万4226台。

[ギフトショー11]職人が磨いた鏡のようなスバル R1 画像
自動車 ビジネス

[ギフトショー11]職人が磨いた鏡のようなスバル R1

東京ビッグサイトで開催されている「第71回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2011」(1~4日)で、鏡のようなボディ表面のスバル『R1』が展示されている。場所は伝統工芸を紹介するコーナーにある燕三条のブースだ。

スバル R1 と R2 が生産終了…3月14日受注分まで 画像
自動車 ビジネス

スバル R1 と R2 が生産終了…3月14日受注分まで

富士重工業は、軽自動車のスバル『R1』と『R2』を、2010年3月14日受注分をもって生産終了すると、ウェブサイト上で発表している。

スバル R1 に特別仕様プレミアム・ブラック・リミテッド 画像
自動車 ニューモデル

スバル R1 に特別仕様プレミアム・ブラック・リミテッド

富士重工業は、スバル『R1』シリーズに特別仕様車「Premium Black Limited」を設定し、11月21日から発売する。

スバル R2 / R1 シリーズ 一部改良 画像
自動車 ニューモデル

スバル R2 / R1 シリーズ 一部改良

富士重工業は、軽自動車のスバル『R2』シリーズと『R1』シリーズを改良し、12日から発売した。

東京電力とパーク24、電気自動車用充電設備の実証試験を開始 画像
エコカー

東京電力とパーク24、電気自動車用充電設備の実証試験を開始

東京電力とパーク24は、28日より、電気自動車(EV)用充電設備の実証試験を開始した。

ピカピカ素肌のスバルR1 新潟・燕三条駅に展示 画像
自動車 社会

ピカピカ素肌のスバルR1 新潟・燕三条駅に展示

新潟・燕三条駅の構内で地元の匠が製作したさまざまな商品が展示されている。その中で一際目を引くのがスバル『R1』。そのボディはステンレスのように輝いていて、まぶしいほど。

【東京モーターショー07】部屋の中にクルマも収納、東京電力のオール電化 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー07】部屋の中にクルマも収納、東京電力のオール電化

「オヤー! 大きなペットじゃないの!?」---東京モーターショー会場の西ホールと中央ホール間の「やすらぎのモール」にある東京電力の展示ブース。その前に足を止めると、かわいらしいクルマが部屋の中にすっぽり収納されているのでビックリする。

モータースポーツジャパン07フェス…エキゾーストが聞こえないレースって 画像
モータースポーツ/エンタメ

モータースポーツジャパン07フェス…エキゾーストが聞こえないレースって

9月23日・24日に開催された『モータースポーツジャパン2007フェスティバルインお台場』ではエコカーの展示やデモランも行われた。電気自動車もデモランを実施。今回出走したのは、スバル『R1e』、ダイハツ『コペンEV-R』、三菱『i MiEV』の3台。

スバル R1 を一部改良…グレード展開見直し、新ボディカラー 画像
自動車 ニューモデル

スバル R1 を一部改良…グレード展開見直し、新ボディカラー

富士重工業は、軽自動車のスバル『R1』を改良して12日から発売開始した。R1は新ボディ色を採用したほか、グレード展開をシンプルな2グレード設定とした。

スバル R1e が地球温暖化防止活動環境大臣賞を受賞 画像
自動車 ビジネス

スバル R1e が地球温暖化防止活動環境大臣賞を受賞

富士重工業は、東京電力とNECラミリオエナジー社と共同で進めている電気自動車、スバル『R1e』の開発に対して環境省から「2006年地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞した。

スバル R1 を一部改良…i-CVTで燃費改善 画像
自動車 ニューモデル

スバル R1 を一部改良…i-CVTで燃費改善

富士重工業は、軽自動車のスバル『R1』シリーズを一部改良して15日から発売開始した。変速制御の最適化を施した新開発のi-CVTを搭載して環境性能の向上を図った。

【EVS22】スバルの新型リチウムイオン電池 画像
自動車 ニューモデル

【EVS22】スバルの新型リチウムイオン電池

03年東京モーターショーで小型電気自動車(EV)『R1e』を参考出品して以降、ラミネート型マンガン酸リチウムイオン電池の開発、東京電力との実証実験開始と、着々と次世代EVの開発を進めてきたスバル。

富士重工、 FISITA2006 と EVS22 へ出展 画像
モータースポーツ/エンタメ

富士重工、 FISITA2006 と EVS22 へ出展

富士重工業は18日、横浜で23日から開催される「FISITA 2006 エキシビジョン」と電動自動車の国際シンポジウム「EVS22」への出展概要を発表した。近日市販化予定の全車速追従型クルーズコントロール「SIクルーズ」などを出展する。

【リコール】スバル R2とR1の排気管 画像
エコカー

【リコール】スバル R2とR1の排気管

富士重工業は26日、スバル『R2』と『R1』の排気管に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。03年11月から05年2月までに生産された7万3602台が対象。

【スバル ステラ 発表】竹中社長、シェア10%目指す 画像
自動車 ニューモデル

【スバル ステラ 発表】竹中社長、シェア10%目指す

富士重工業の竹中恭二社長は14日のスバル『ステラ』発表会見で、乗用車系の軽自動車市場でのシェアは「10%くらいを狙いたい」と述べ、ステラの投入で反攻に出る方針を強調した。

一部改良&グレード追加、スバル R1 の見積り 画像
自動車 ニューモデル

一部改良&グレード追加、スバル R1 の見積り

富士重工業は、スバル『R1』シリーズに一部改良を施すとともに、新グレード「S」を追加設定し、11月24日より発売した。見積りを取り寄せてみよう。寒風吹きすさぶ中、ディーラーめぐりの必要はない。暖かいお部屋で……。

【COTY】ベスト&ワーストデザイン賞…ガリバー 画像
モータースポーツ/エンタメ

【COTY】ベスト&ワーストデザイン賞…ガリバー

ガリバー自動車流通研究所は5日、「ガリバー・カー・オブ・ザ・イヤー2005」を発表した。消費者投票による「ベストデザイン賞」、「ワーストデザイン賞」は、ベスト:マツダ『ロードスター』、ワースト:スバル『R1』。

【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!! 画像
自動車 ニューモデル

【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!

乗る前と乗った後で、こんなに印象が変わったクルマは久しぶりだ。そう思えるのが、スバル『R1』に追加された(24日)、スーパーチャージャーを搭載した「S」だ。

【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー「S」を追加 画像
自動車 ニューモデル

【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー「S」を追加

富士重工業は、軽自動車のスバル『R1』にスポーティな新グレード『S』を追加して24日から発売開始した。4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンと7速スポーツシフト付i-CVTを搭載。

【スバル R1 マイナーチェンジ】環境性能アップ 画像
自動車 ニューモデル

【スバル R1 マイナーチェンジ】環境性能アップ

富士重工業は、軽自動車のスバル『R1』を一部改良して24日から発売開始した。フロントドアUVカットガラスの採用やドアミラーの視界拡大など、機能性の向上を図った。

【スバルEV】速いぞ、R1e 画像
自動車 ニューモデル

【スバルEV】速いぞ、R1e

スバルの環境技術の目玉のひとつとして公開された試作軽電気自動車『R1e』だが、売りは最高速は環境性能だけではない。動力性能、とくに電気モーターが得意とする中低速領域の加速性能において、既存の電気自動車のみならず、ガソリンエンジン搭載の軽自動車をも上回る数値をマークしていることもセールスポイントのひとつだ。

【インプレ'05】両角岳彦 スバル『R1』 カタチばかりに捕らわれすぎた感がアリ 画像
試乗記

【インプレ'05】両角岳彦 スバル『R1』 カタチばかりに捕らわれすぎた感がアリ

外観は「足を踏ん張っている」印象だが、走るとタイヤが地面をうまく踏みしめてゆかない。跳ねる動き強く、とくに前後方向に揺すられるピッチングが速くて多い。

【インプレ'05】津々見友彦 スバル『R1』 見ているだけで欲しくなる存在感 画像
試乗記

【インプレ'05】津々見友彦 スバル『R1』 見ているだけで欲しくなる存在感

スタイリングの美しさは欧州車レベルだ。フロントのバランスのよさもさることながら、圧倒的にカッコいいのはリヤ。小憎らしいぐらい粋な感じにまとまっている。

【インプレ'05】木下隆之 スバル『R1』 一家に一台ほしくなるセカンドカー 画像
試乗記

【インプレ'05】木下隆之 スバル『R1』 一家に一台ほしくなるセカンドカー

軽カー枠すら上限を超えないキュートなフォルムは、『R1』の最大の魅力。『R2』をギッュと絞るように凝縮したことで、じつはむしろ車格が増したように思う。小さいけれど、けしてチープではないのだ。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3