【インプレ'04】両角岳彦 日産『ティーダ』 コンパクトカーとして的を射た空間構築

試乗記 国産車
【インプレ'04】両角岳彦 日産『ティーダ』 コンパクトカーとして的を射た空間構築
  • 【インプレ'04】両角岳彦 日産『ティーダ』 コンパクトカーとして的を射た空間構築
「上質指向」をPRしているが、じつは4人分の移動空間をコンパクトに凝縮するための定石を踏まえた「健康な」パッケージングの持ち主である。

乗員の姿勢を起こし、後席を後方に寄せ、一段高く座らせた。それを包む空間の立体形、大振りのシートなど、住み心地はまずまず良好。

足の動きもマイルドで、コシの強さはないものの素直なフットワーク。惜しむらくはマーチ系プラットホームのため、衝撃吸収などに余裕が少ない。

エンジンの実用域トルクはOKレベル。同時にCVT変速を抑えたのは、反省の形跡あり。でも踏み込むと旧来どおり変速過剰。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》
【画像】【インプレ'04】両角岳彦 日産『ティーダ』 コンパクトカーとして的を射た空間構築(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース