三菱 eKワゴン を日産に供給…やっと発表

自動車 ビジネス 企業動向
三菱 eKワゴン を日産に供給…やっと発表
  • 三菱 eKワゴン を日産に供給…やっと発表
日産自動車と三菱自動車は、日産が三菱自から軽乗用車『eKワゴン』のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けることについて基本合意したと発表した。

合意に基づき、三菱自動車は日産自動車に対して既に供給している軽商用車に加え、2005 年度上半期から軽乗用車「eKワゴン」と「eKスポーツ」を供給する。軽商用車は従来通り年間2万台程度、軽乗用車については年間3万6000台の合計年間5万6000台程度を日産に対してOEM供給する。

三菱自動車は日産に軽商用車の三菱名『ミニキャブ』のトラック、バンの2タイプを日産名『クリッパー』で供給している。

日産はモコ、クリッパーに続き3車種目の軽自動車を市場に投入することとなり、更なる商品ラインアップの充実を図り、新たな顧客の拡大を図るとしている。三菱自はOEM供給の車種を増やすことで、軽自動車の生産台数の増加を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集