【インプレ'04】国沢光宏 日産『ティーダ』 上質な実用車が狙いだが…

試乗記 国産車
【インプレ'04】国沢光宏 日産『ティーダ』 上質な実用車が狙いだが…
  • 【インプレ'04】国沢光宏 日産『ティーダ』 上質な実用車が狙いだが…
日産が総力を挙げて開発した新エンジンや『スカイライン』用に開発された路面からの細かい上下動を吸収する“リップルコントロール”付きのダンパーを採用するなど、コンパクトカーの意欲作なのだけれど、残念ながら狙いに届いていないようだ。

確かに良好な路面を走っているとリップルコントロールが見事に利いており、高級車のような滑らかな乗り心地を持つ。しかし道路の継ぎ目など、少し大きいデコボコだとダンパーが動いておらず平均的な日本車のようになってしまう。

また、常用回転域でスムーズなエンジンも、回転数を上げると賑やかになっていく。乗り心地と同じで「こらいいか?」と、期待するとガッカリしてしまう。

室内の広さをセールスポイントにしているが、安くない価格設定を考えれば驚くほどでもない。デビュー直後ということもあり好調に売れているけれど、半年後も同じような台数なら、日産の将来は素晴らしく明るい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。
《国沢光宏》
【画像】【インプレ'04】国沢光宏 日産『ティーダ』 上質な実用車が狙いだが…(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース