【インプレ'04】両角岳彦 ダイハツ『ムーヴラテ』 居心地のよさを狙った日常生活車

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 ダイハツ『ムーヴラテ』 居心地のよさを狙った日常生活車
  • 【インプレ'04】両角岳彦 ダイハツ『ムーヴラテ』 居心地のよさを狙った日常生活車
ソフトなキャラクターを演出。しかしムーヴそのままの空間は軽・背高ワゴンの本流。

室内に入ると横長楕円モチーフのインパネでかなり印象変わり、日本の小型車では最良の、ダイハツ流シートのフィット性・姿勢保持も含めて住み心地は良。肩の力が抜けた生活道具ではある。

走りは、『ムーヴ』に対してマイルドさを加えようとしているが、それが良路に限られ、逆に細かい突っ張り感や足下のバタつきが増えて、全体のバランス、素直さはやや低下。

車体後部の剛性は開口部形状の違いでムーヴより高いとのことだが。高速走行が多ければターボが必須。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集