【インプレ'04】両角岳彦 フィアット『パンダ』 小さくても大人をきちんと座らせる空間構築はマル

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 フィアット『パンダ』 小さくても大人をきちんと座らせる空間構築はマル
  • 【インプレ'04】両角岳彦 フィアット『パンダ』 小さくても大人をきちんと座らせる空間構築はマル
典型的なラテン系ベーシックカー。すなわち「論理的に構築されたパッケージングと、適度に心地よい内装と、リズムのよい走りを持つ」こと。

ただ、ジウジアーロが工業デザインにおける「シンプル」を体現してみせた、先代のあの創造性が継承されなかったのは残念。

アップライトに座ることで、小さな外形の中に4人の大人を無理なく収め、シートの作りも日本車とは格段の差。

足のしっかり感は不足気味で、電動パワステの仕上げも弱点だが、柔らかくストロークする動きはよい。エンジンの回り方も素直で、小排気量ゆえの自動化MTもまとまり良。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集