【インプレ'04】国沢光宏 ヒュンダイ『JM』 韓流四天王のような引きつけられる個性を

試乗記 国産車

【インプレ'04】国沢光宏 ヒュンダイ『JM』 韓流四天王のような引きつけられる個性を
  • 【インプレ'04】国沢光宏 ヒュンダイ『JM』 韓流四天王のような引きつけられる個性を
レンタカーを借りたら『JM』が出てきた、としよう。最初は「あらら」と不安を感じつつ乗り始めると、返すころにゃ「けっこういいクルマだったね!」。ただ自分のクルマとして買うかとなれば「そこまでの魅力はないかもしれません」という微妙なポジションだと思った。

いいか悪いと聞かれれば「よい」と答える。ボディ剛性あるし、エンジンも日本車に負けていない。ハンドリングだってしっかりしており、何ら不満なし。強いていえばインテリアの質感が物足りないけれど、まぁ許容できるレベル。2.7リッターV6エンジン搭載車なら、じゅうぶんなパワーを持つ。

ただ安いと思われている価格だが、ヒュンダイは値引きなしの正札販売。見積もりを取れば値引き込みのエクストレイルと同等である。決して安くない。日本でヒュンダイ自動車のクルマを売ろうとすれば、価格以外で大きな魅力が必要。家電製品のようなイメージの輸入車は日本じゃ売りにくい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。
《国沢光宏》

特集