【インプレ'04】国沢光宏 アウディ『A6』 メルセデス&BMWにはない独自のキャラクター

試乗記 国産車

【インプレ'04】国沢光宏 アウディ『A6』 メルセデス&BMWにはない独自のキャラクター
  • 【インプレ'04】国沢光宏 アウディ『A6』 メルセデス&BMWにはない独自のキャラクター
右ハンドル仕様の3.2リッターに乗ると「まぁ、こんなもんでしょう」という仕上がり。ほとんどの輸入車に当てはまる事ながら(VWのみ例外)、初年度の右ハンドル仕様車は試作車のようなクオリティ。生産台数が極めて少ないのだから当然だろう。

具体的にいうと『A6』はステアリングフィール悪く、カックンブレーキ&アクセル。何よりボディの剛性感低い。続いて4.2リッターV8の左ハンドルに乗る。すると別のクルマみたい!

ガッシリしたボディに、自然な重さとタッチのブレーキ&アクセル。「アウディらしくてよいクルマだ」と思う。おそらく右ハンドルも来年モデルになれば、左ハンドル程度の質感になっているんじゃなかろうか。

絶対的なクルマの魅力度は、ライバルであるベンツ『Eクラス』やBMW『5シリーズ』とイーブン。ただ4WDを必要とするなら、やはりアウディが最善のチョイスかもしれない。個人的には顔つき、好きでありません。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。
《国沢光宏》

特集