【インプレ'04】河村康彦 アウディ『A6』 いまのアウディを表した一台

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 アウディ『A6』 いまのアウディを表した一台
  • 【インプレ'04】河村康彦 アウディ『A6』 いまのアウディを表した一台
パーソナルなパッセンジャーカーとしては「ナンボなんでも大き過ぎる」という印象。ライバル『Eクラス』と『5シリーズ』の「次のモデルチェンジまでを見据えて大型化した」というが、いったいドイツ勢はどこまでクルマを大きくすれば気がすむのか!?

パワーパック縦置きのFFベースゆえ、センターコンソール&トンネル部分は高くサイドウインドの倒れ込み角も強めなので、サイズの割に室内は余り広大という印象ではない。

日本の常用速度域だと、そんな前述ライバルに比べて全般に乗り心地は硬め。FFベースゆえのフロントヘビーさを支える意味でとくにフロントタイヤの指定空気圧が高めであるのも、そんな印象に拍車をかけているかも知れない。

インテリアのデザインや質感レベルの高さと、“クワトロ”モデルの悪天候下での高速安心感の高さはA6ならではの強み。迫力のフロントマスクも、ボクは気に入っている。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集