【インプレ'04】熊倉重春 ヒュンダイ『JM』 価格以外のオリジナリティがほしい

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 ヒュンダイ『JM』 価格以外のオリジナリティがほしい
  • 【インプレ'04】熊倉重春 ヒュンダイ『JM』 価格以外のオリジナリティがほしい
SUVといっても荒野を目指すわけではなく、登山靴で原宿を闊歩するようなファッション的存在になってきたのが昨今の実情。だからゴツいのは好まれない。そこでヒュンダイも乗用車『エラントラ』をもとにして新型SUVを作った。その点ではホンダ『CR-V』やトヨタ『RAV4』に似ている。

乗った感じはどこまでも普通。つまり心に刺さる特徴も乏しいが、さりとて欠点も目に付かない。FFの2リッター仕様でもかなりタフだから、都会派SUVとしては合格。ただし急加速すると少しエンジンがやかましい。2.7リッターの4WD仕様ならじゅうぶん以上だ。

ダッシュボードの見た目など、まだ日本製には追いつかないが、逆に価格競争力は抜群。ものは考え方次第で、SUVはガンガン使い倒してこそ値打ちがあるのだから、クルマの購入費を安く抑え、そのぶん遊ぶ金にまわしたほうが得といえる。

いっぽうヒュンダイにとっては、「お買い得」以上の訴求点を備えることが、これからの目標になるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集