【インプレ'04】熊倉重春 アウディ『A6』 ステアリングの向こうに、豊かさを実感

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 アウディ『A6』 ステアリングの向こうに、豊かさを実感
  • 【インプレ'04】熊倉重春 アウディ『A6』 ステアリングの向こうに、豊かさを実感
アマゾンの怪魚みたいな顔で存在感も倍増。でも下品に陥っていないのがアウディらしいところか。例によってシュルンとスマートにまとまり、余計なエアロパーツなしに200km/h以上のクルージングを可能にする造形力もさすがだ。

旧型より格段に向上したのはコーナリングの軽快さ。ドタッとした感触がずいぶん減った。もちろん自慢のフルタイム4WD(クワトロ)による絶対的な安定性も大きな魅力。これぞ本当の全天候戦闘機で、運転が2段階ぐらい上手くなった気さえするほどだ。

Eクラスと5シリーズにとっては厄介なライバルになるはず。これでワゴン(アバント)が出たら、リッチなスキー旅行に最高だろう。

パワフルな4.2は地平の果てまで駆け抜けるクルーザーとして抜群、それに対して3.2はノーズの重さがなく、振り回しても楽しめる。FFの2.4も含めてけっして安くはないが、クルマの世界、幸せが金で買えることを証明するクルマともいえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集