スズキの中国コピー問題…相手側が謝罪文を掲載

スズキが、中国でスズキ二輪車の意匠権を侵害したとしてメーカーの江蘇新陵摩托製造有限公司と販売業者を相手取って中級人民法院に提訴していた問題で、新陵が侵害を認めて和解した。

自動車 社会 社会
スズキが、中国でスズキ二輪車の意匠権を侵害したとしてメーカーの江蘇新陵摩托製造有限公司と販売業者を相手取って中級人民法院に提訴していた問題で、新陵が侵害を認めて和解した。

新陵は和解条件に沿って、スズキと提携先の江門市大長江集団有限公司に対して現地の新聞、雑誌に謝罪声明を発表した。

意匠権侵害問題が深刻な中国で、二輪車メーカーが謝罪文を掲載したのは初めて。

和解によると、新陵と販売会社は今後、意匠権を含むスズキの知的財産権を侵害しないこと、新陵と販売会社の謝罪文の自己負担での掲載、新陵が過去の侵害に対する損害賠償としてスズキに対して賠償金を支払うというもの。

スズキは今回の件以外に、中国内で2件の意匠権侵害について係争中だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集