【日産歴代車】ル・マン制覇を目指したスペシャルモデル…R390 GT1

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
【日産歴代車】ル・マン制覇を目指したスペシャルモデル…R390 GT1
  • 【日産歴代車】ル・マン制覇を目指したスペシャルモデル…R390 GT1
  • 【日産歴代車】ル・マン制覇を目指したスペシャルモデル…R390 GT1
  • 【日産歴代車】ル・マン制覇を目指したスペシャルモデル…R390 GT1
1990年までル・マン24時間レースに挑み続けていた日産ワークスチームは、95年にNISMOチームとしてル・マンに復帰する。95年と96年はR33型スカイラインGT-RをベースにしたGTカー(ニスモGT-R LM)で参戦した。

ル・マンのレギュレーションでは、GTクラスに出場するためには、一般公道を走れるベース車両を最低でも1台は製作しなくてはならない。ニスモはGTカテゴリーの公認を取得するため、GT-Rをベースにしたロードカーを製作し、参加資格を得ている。だが、参戦3年目となる97年には本格的なレーシングカー、ニッサンR390 GT1を開発し、これでレースに出場した。

ニスモGT-R LMがそうであったように、R390 GT1も公認取得のためのロードカーが作られている。レース仕様と違うのは、エンジンなど、一部だけだ。レース仕様は3.5リッターのV型8気筒DOHCエンジンにIHI製のツインターボを組み合わせ、650ps/70.0kgmを絞り出す。これに対しロードカーは350ps/50.0kgmにディチューンされていた。ミッションは6速のシーケンシャルだ。

レース関係者の間で「価格は1億円」と噂され、オーダーも入ったが、ニスモGT-R LMのロードカーと同じように市販はされなかった。
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産歴代車】写真蔵…“栄光のニッサン”の足跡を求めて 画像 【日産歴代車】写真蔵…“栄光のニッサン”の足跡を求めて
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編 画像 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…後編 画像 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…後編
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース