【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
日産を代表する高級セダンで、1960年4月にデビューした。技術提携を結び、日産で生産していたオースチン・ケンブリッジの技術を生かして設計されたが、リアビューや縦型4灯式ヘッドランプ、ラウンドしたウインドガラスなど、アメリカの高級車を強く意識したデザインである。1.5リッターの4気筒エンジンでスタートし、秋に1.9リッターエンジンを積む『1900カスタム』を追加した。

62年11月にヘッドランプを横型4灯式に改め、ホイールベースも延長する。63年2月には後席の居住性を高めた日産初のVIPカー、『セドリック・スペシャル』を市場に放った。エンジンは2.8リッターの直列6気筒OHVを積む。撮影車は64年秋の東京オリンピックで聖火搬送車の大役を務めたクルマだ。

65年秋にモデルチェンジして伸びやかなフローイングラインの『130型』に生まれ変わった。デザインを担当したのはピニンファリーナだ。66年秋には新設計のL20型直列6気筒SOHCエンジンを積む『スペシャル6』も登場した。68年秋にフロントマスクやリアビューを化粧直ししている。

プリンス自動車の高級車、グロリアは62年秋に2代目にバトンを託し、力強いフラットデッキスタイルを採用した。63年6月には日本初のSOHCエンジン(G7型直列6気筒)を積む『スーパー6』を投入。日産と合併後の67年春に登場した『A30型』は御料車のロイヤルの流れを汲むボディラインが特徴だ。縦型4灯式ヘッドランプを採用し、後期型はL20型エンジンを搭載する。
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

特集