【インプレ'04】MJブロンディ ダイハツ『タント』  広さのレベルはクルマの枠を超えた

試乗記 国産車

【インプレ'04】MJブロンディ ダイハツ『タント』  広さのレベルはクルマの枠を超えた
  • 【インプレ'04】MJブロンディ ダイハツ『タント』  広さのレベルはクルマの枠を超えた
すごいよ、このクルマは。行くところまで行ってるもん。ある意味尊敬する。

ここまで広くするってさ、ほとんどバカじゃん!? バカやるって立派なことだよ。バカは偉いんだよ。だからタントは偉い。

これだけ広けりゃ、託児所開けそうじゃない。洗濯物干しとか。あるいは老夫婦の日本一周とかにもいいし。クルマとしてじゃなく、空間として夢が広がるね。

ただ、あまりにも広すぎるせいで、サンバイザーに挟んだ高速券やパワーウインドのスイッチやオーディオのスイッチに手が届かないんだよね、コシ浮かさないと。

■5つ星評価
パッケージング:---------
インテリア/居住性:---------
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。
《清水草一》

特集