マツダ『ロードスター』生産70万台達成、ギネスに再申請へ

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ『ロードスター』生産70万台達成、ギネスに再申請へ
  • マツダ『ロードスター』生産70万台達成、ギネスに再申請へ
マツダは、2人乗り小型オープンスポーツカーのマツダ『ロードスター』(輸出名=『MX-5』)の生産累計が70万台の大台を達成したと発表した。

1989年4月に初代ロードスターを生産してから14年11カ月で達成した。このカテゴリーのスポーツカーの生産台数としては世界最多。70万台目となったロードスターは米国向け1800ccターボエンジン車で、外板色はベロシティレッドマイカ。

ロードスターは2000年5月に生産累計53万1890台で、2人乗りオープンスポーツカー生産台数世界一としてギネスワールドレコードに認定された。マツダは生産累計70万台の達成を記念して再びギネスに申請する。

ロードスターは、1989年2月にシカゴオートショーで発表され、同年5月に米国、9月に日本で発売された。初代は8年間で43万台を生産、現行モデルとなる2代目は1998年1月に発表された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集