【ジュネーブモーターショー'04速報】イタルデザイン『ビスコンティ』---アルファ156後継

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー'04速報】イタルデザイン『ビスコンティ』---アルファ156後継
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】イタルデザイン『ビスコンティ』---アルファ156後継
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】イタルデザイン『ビスコンティ』---アルファ156後継
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】イタルデザイン『ビスコンティ』---アルファ156後継
トヨタのハイブリッドを搭載した『アレサンドロボルタ』が大反響を呼んだ、イタルデザイン・ジウジアーロ。同社ブースには、もう1台、注目のコンセプトカー、『ビスコンティ』がある。このグリルはもちろんアルファロメオのアイコン。そう、ビスコンティはズバリ、アルファロメオ『156』後継のイメージモデルだ。

全長4955mmx全幅1896mmx全高1474mm、ホイールベースは2825mmと、ボルーム感タップリの4ドアクーペ。オーバーハングは前1064mm、後1066mmと短い。最近流行りの、タイヤを出来るだけボディの外側にもっていき室内スペースを稼ぐデザインコンセプト。

エンジンは405馬力、3.2リットルV6ツインターボ。トルセンCタイプ機能装備のAWDと6速ATを完備する。足元には、ピレリPゼロ255/50/19を履く。

メルセデス『CLS』、トヨタ/レクサス『GS』と、このところプレミアム4ドアクーペが立て続けに提案されている。次期156は、このビスコンティほどではないにしろ、かなり大型化されたニューカテゴリーカーになりそうだ。
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

特集