【COTY】欧州ではマツダ『アクセラ』惜しい

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

【COTY】欧州ではマツダ『アクセラ』惜しい
  • 【COTY】欧州ではマツダ『アクセラ』惜しい
  • 【COTY】欧州ではマツダ『アクセラ』惜しい
  • 【COTY】欧州ではマツダ『アクセラ』惜しい
欧州カーオブザイヤー選考委員会は、2004年欧州カーオブザイヤーとしてフィアットの『パンダ』が受賞したと発表した。2位はマツダの『3』(日本名『アクセラ』)とVWのゴルフが同点だった。マツダは2年連続で2位だった。

欧州カーオブザオヤーは、1963年に発足した欧州の権威ある賞の1つで、欧州22カ国、58人の自動車記者が、発表前12カ月以内に少なくとも欧州5カ国で販売され、年間5000台以上の販売計画のある新型車について投票して、カーオブザイヤーを決める。今回の対象は、合計35車種だった。

2004年欧州カーオブザイヤーにはフィアット・パンダが受賞、マツダ・アクセラは日本メーカーとして最高の2位だった。VWのゴルフも同点2位で、4位はトヨタ自動車のアベンシスだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集