【トヨタ『シエンタ』発表】マルいデザインで「あっさリラックス」

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ『シエンタ』発表】マルいデザインで「あっさリラックス」
  • 【トヨタ『シエンタ』発表】マルいデザインで「あっさリラックス」
  • 【トヨタ『シエンタ』発表】マルいデザインで「あっさリラックス」
ついにトヨタからミニミニバンのカテゴリーに登場した『シエンタ』(9月29日発表)。ライバルがスペース効率を形にしたシカクいデザインを見せる中で、マルをモチーフに大らかでシンプルな造形をしている。そんなシエンタのデザインキーワードは「あっさリラックス」だった。

「シンプルで上質なものに癒される、そんな心地よさをデザインで表現しました。それが『あっさリラックス』ですね」エクステリア担当の第2トヨタデザイン部、信田洋明グループ長は語る。

「質感を出すためにキャラクターラインを無くし、サイドをネガ面にすることでショルダーの張りを出しました。リアのコーナーには球が入っているかのような大胆な造形にしています。ブラックアウトしたピラーは最近のトヨタの専売特許ですが、リアコンビには透明層を作り、ガラスとセラミックの見せ方を同じにすることで、より回り込んだ感じに見せるように工夫しています」と続ける。

「ただのシカクは味気ないものですよね。マルによって質感や表情が豊かになりました」と信田氏。シンプルな中にもマルい工夫がいっぱいのシエンタ。新しいカテゴリーで起こったデザイン対決に注目したい。
《》

編集部おすすめのニュース

特集