【東京ショー2003】ノンアルコールビールをPR? ---サントリーなどスポンサーに

自動車 ニューモデル モーターショー

日本自動車工業会は19日、10月24日に開幕する第37回東京モーターショーのスポンサーにサントリーなど5社が決定したと発表した。自工会は、今回からショー会期中の試乗会やシンポジウムを充実させるため、新たな「スポンサーシップ・プログラム」を導入していたが、有力企業の参画が決まった。

スポンサーになるのは、サントリーのほか、テレマティクスサービスのモバイルキャスト、自動車用品のオートウェーブ、昭和シェル石油、日本たばこ産業。自工会はスポンサー料を明らかにしていないが、総額で1億円規模と見られる。各社は、会場内での広告掲載などもできる。

東京ショーには、従来もブリヂストン、トミー、富士ゼロックスなどが協賛企業としてイベントなどを支援してきた。今回もプレスセンターを運営するブリヂストンなど合計6社が協賛企業となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集