いすゞ・日野のバス統合に公取委がゴーサイン

自動車 ビジネス 企業動向
日野自動車といすゞ自動車は21日、バス事業の統合について公正取引委員会から問題なしとの回答を受けたと発表した。これをふまえ両社は、事業統合に向けた準備作業を計画通り進める。

日野・いすゞのバス事業統合は、一部の車種で独占禁止法に触れる可能性があったという。このため両社は昨年から、事業統合の是非について公正取引委員会に判断を仰いでいた。同日示された同委員会の判断によると、両社がバスの販売活動をそれぞれ独立して行い、販売に関する情報についても独立性を保つなら、公正な販売競争を阻害せず問題がないとのこと。

公取委のお墨付きなしでは計画が白紙に戻る可能性があったため、まずは一安心といったところだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日野といすゞのバス事業統合にゴーサイン---統合準備室を日野社内に設置 画像 日野といすゞのバス事業統合にゴーサイン---統合準備室を日野社内に設置
  • 最後のチャンス?いすゞと日野とのバス事業統合---スケジュール公表 画像 最後のチャンス?いすゞと日野とのバス事業統合---スケジュール公表
  • 【新聞ウォッチ】いすゞ、日野との急接近で、“風評”一蹴を狙う 画像 【新聞ウォッチ】いすゞ、日野との急接近で、“風評”一蹴を狙う
  • 日野といすゞのバス事業統合、どうやら失敗に終わりそう!? 画像 日野といすゞのバス事業統合、どうやら失敗に終わりそう!?

特集