フォードがグループ力を結集へ---サービス、ディーラー開発でも

自動車 ビジネス 企業動向

国内のフォードグループは、グループの高級車インポーター3社の組織を完全に統合するとともに、間接部門に加えて、アフターサービス、店舗開発などを統合すると発表した。

フォードグループの高級車3社は、ジャガージャパン、ランドローバージャパン、ボルボ・カーズ・ジャパンで、統合した組織は「プレミアム・オートモーティブ・グループ(PAG)」。今回、PAGの組織を改正して3社を事実上、完全に統合する。

ボルボジャパンの社長だったネシップ・ソヤックがPAGの社長となり、ジャガージャパンのデビッド・ブルーム社長、ランドローバー・ジャパンのクリストファー・エリス社長がそれぞれPAGの副社長で、ブランドの代表となる。PAG副社長兼ボルボの代表はサイモン・マン氏が就任する。

インポーター3社は、すでに間接部門をPAGに統合していたが、新たにアフターサービス、フランチャイズ開発、直営店についても統合する。これで3社が独自に行うのはセールス、マーケティング、広報だけとなる。ジャガーの店舗を分割してボルボを販売したり、ボルボの拠点で、ランドローバーの整備を受けられるようになる。

PAGはオペレーションを統合してコスト削減しながら、拠点開発などで資源を共有し、輸入高級車市場で存在感を増していく戦略だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集