【株価】“格安高級セダン”インフィニティ『G35』投入……日産が急反発

自動車 ビジネス 株価

ハイテク株高・銀行株安の綱引きとなり、全体相場は小幅続落。円安が3年3カ月ぶりの1ドル=132円台後半まで進んだことを受け、自動車株も総じてしっかり。北米国際自動車ショーで新型車を発表した各社が、株価も堅調だった。

日産自動車が、前日比32円高の730円と3日ぶりに急反発。出来高も市場第4位に膨らんだ。北米で売り出す高級セダン、インフィニティ『G35』は、ライバル車ポルシェを大幅に下回る価格設定となる見通しだ。日本の日産『カイライン』の北米仕様である。

同じく割安設定の新型『カローラ』を投入するトヨタ自動車も、60円高の3490円と上げた。『RX-8』『6』を発表したマツダも続伸した。こうした中、ホンダが70円安の5140円と続落。スズキ、富士重工業もさえない。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集