2002年ステーションワゴン戦争激化…トヨタ、マツダ、ホンダから戦略車種

自動車 ニューモデル 新型車

2002年ステーションワゴン戦争激化…トヨタ、マツダ、ホンダから戦略車種
  • 2002年ステーションワゴン戦争激化…トヨタ、マツダ、ホンダから戦略車種
  • 2002年ステーションワゴン戦争激化…トヨタ、マツダ、ホンダから戦略車種
  • 2002年ステーションワゴン戦争激化…トヨタ、マツダ、ホンダから戦略車種
2002年は新世代ステーションワゴンが相次いで登場し同市場ではシェア争いが活発化しそうな雲行きになっている。トヨタは1月25日に『マークIIクオリス』の後継モデルである『マークIIブリット』を発売すると予想される。次いで5月にはミディアムクラスの『カルディナ』をフルモデルチェンジするという。

ライバル社では6月にマツダがミディアムクラスの『アテンザ』ワゴン(4気筒2.0、2.3リットル)を発売、ホンダは9月にも『アコード』ワゴン(4気筒2.4リットル)をフルモデルチェンジする見込み。どれも量販指向の戦略モデルであり、マーケットでのシェア争いが激化し新車マーケットの大きな話題のひとつになりそうだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集