SDV(Software Defined Vehicle)に関するニュースまとめ一覧

スマホやパソコンのようにソフトウェアのアップデートで機能を更新できる自動車、もしくはそのためのプラットフォームのこと。自動運転(AD)、高度運転支援システム(ADAS)など、自動車は高度な情報処理機能を搭載するようになり、ソフトウェアも複雑高度化している。 そのため、バグフィックスや機能向上のためにOTA(On the Air:無線によるソフトウェア更新)により、アップデートできる車種が増えつつある。 SDVを実現するためには、車載EUCネットワークの高度化や車載OS、ミドルウェア、クラウドとの通信機能、HMIのアプリなど、多層的なハードウェアとソフトウェアの組みあわせが必要となる。

    1 2 3 4 > 次
ボッシュが「SDV」ソフトウェア定義自動車などの開発力を強化…EDAGエンジニアリングと提携 画像
プレミアム

ボッシュが「SDV」ソフトウェア定義自動車などの開発力を強化…EDAGエンジニアリングと提携

ボッシュは2月21日、EDAGエンジニアリングとの間で、完成車向けエンジニアリングにおけるプロジェクトベースの協業に関する覚書を締結した、と発表した。

AFEELAのEVはどんな車になるのか、考えうる最新スペックで臨む設計…オートモーティブワールド2024 画像
プレミアム

AFEELAのEVはどんな車になるのか、考えうる最新スペックで臨む設計…オートモーティブワールド2024

オートモーティブワールド2024の専門セミナーで、ソニー・ホンダモビリティ E&Eシステムアーキテクチャ開発部 ゼネラルマネージャ西林卓也氏が「AFEELAにおける自動車の知能化・エンターテインメント」と題するセミナーを開催した。

EV開発における攻めと守りのAI活用、新たな顧客体験やサービスからセキュリティまで…日本アイ・ビー・エム 鈴木のり子氏[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

EV開発における攻めと守りのAI活用、新たな顧客体験やサービスからセキュリティまで…日本アイ・ビー・エム 鈴木のり子氏[インタビュー]PR

EV化が進む中、IT技術やAIの重要性がより一層高まっている。日本アイ・ビー・エム の鈴木のり子氏は、EV市場の現状と今後、またその開発におけるAI導入の傾向や可能性についてどう考えているか。2月21日に開催されるオンラインセミナー「CES2024レビュー EVとAIから自動車産業の未来を探る」を前に、話を聞いた。

日立ソリューションズが打ち出す、「フロントローディング」という名の開発効率化…オートモーティブワールド2024 画像
プレミアム

日立ソリューションズが打ち出す、「フロントローディング」という名の開発効率化…オートモーティブワールド2024

ソフトウェア開発の手法として「Vモデル」は、SDVが取り沙汰される以前から存在してきた。ソフトウェア開発では広く知られた手法でも、開発とテストそれぞれの工程の対応関係が、そのままバーチャルとリアルに置き換えうる自動車の開発プロセスでは、殊更に厳密な適用が求められ、意識されている。

マレリ、デジタルコックピットや製品開発プラットフォームなどSDV時代の新技術を披露…CES 2024 画像
プレミアム

マレリ、デジタルコックピットや製品開発プラットフォームなどSDV時代の新技術を披露…CES 2024

マレリはCES 2024において、ウインホテルの招待制ブースに出展。「ソフトウェア・ディファインド・インテリア」と呼ばれるデジタルコクピットや、新たな製品開発プラットフォーム、ユニークな発光方式のテールランプなど、SDV時代に最適化する数々の新技術を披露した。

ボッシュのエネルギーを重視した技術革新、水素燃料の活用を加速…CES 2024 画像
プレミアム

ボッシュのエネルギーを重視した技術革新、水素燃料の活用を加速…CES 2024

ボッシュは今年1月、米国ラスベガスで開催されたCES 2024に出展。気候中立を目指しながら世界のエネルギー需要を満たすカギは水素であるとし、今後は水素バリューチェーンに沿ったソリューションを展開していく考えを示した。

自動車以外にも広がるビジネス…CASEの各分野ごとにみた自動車業界を俯瞰する曼荼羅図[インタビュー] 画像
プレミアム

自動車以外にも広がるビジネス…CASEの各分野ごとにみた自動車業界を俯瞰する曼荼羅図[インタビュー]

森氏はレスポンスのセミナー「2030年代に向けた自動車産業の次世代ビジネスモデル」と題する講演を行う。その中では、これまでOEMと販社・サプライヤーによって成立していた自動車ビジネスが、CASEとの融合によってどのように広がり、変わっていくのかを俯瞰した「曼荼羅図」を紹介するという。

トヨタテクニカルディベロップメントが「SDV EXPO」でアピールへ…オートモーティブワールド2024 画像
自動車 ビジネス

トヨタテクニカルディベロップメントが「SDV EXPO」でアピールへ…オートモーティブワールド2024

・デジタルツイン技術の展示会開催 ・自動運転シミュレーションの効率化 ・人中心開発の圧倒的効率化実現

SDV対応でセキュリティ強化、日立ソリューションズの診断ツール…オートモーティブワールド2024出展予定 画像
自動車 ビジネス

SDV対応でセキュリティ強化、日立ソリューションズの診断ツール…オートモーティブワールド2024出展予定

自動車業界は、ソフトウェアによって機能が更新されるSoftware Defined Vehicle(SDV)への対応が求められている。このため、車載システムの開発プロセス最適化やデータ連携の強化、セキュリティリスクへの対応が重要な課題となってきた。

インテル、ソフト定義自動車向け半導体をオープン規格で用意…CES 2024 画像
自動車 テクノロジー

インテル、ソフト定義自動車向け半導体をオープン規格で用意…CES 2024

インテル(Intel)はCES 2024において、「SDV(ソフト定義自動車)」向けに、「チップレット」のオープン規格「Universal Chiplet Interconnect Express(UCIe)」をベースとした業界初のチップレットプラットフォームを用意すると発表した。

インテルがEVやソフト定義自動車への移行を加速、業界標準目指す委員会設立…CES 2024 画像
プレミアム

インテルがEVやソフト定義自動車への移行を加速、業界標準目指す委員会設立…CES 2024

インテル(Intel)はCES 2024において、EVやサステナブルな「SDV(ソフト定義自動車)」への移行をより迅速かつ円滑に進めるため、車両プラットフォーム・パワー・マネージメントの車両規格を策定する委員会を設立すると発表した。

インテル、AI対応ソフトウェア定義自動車向け新型半導体を発表…CES 2024 画像
プレミアム

インテル、AI対応ソフトウェア定義自動車向け新型半導体を発表…CES 2024

インテル(Intel)は、AI(人工知能)対応のSDV(ソフトウェア定義自動車)向け「システム・オン・チップ(SoC)」の新製品を、CES 2024 で発表した。

SDV開発のフロントローディングを支援、日立ソリューションズがソフトウェアを提供…オートモーティブ ワールド2024 画像
自動車 ビジネス

SDV開発のフロントローディングを支援、日立ソリューションズがソフトウェアを提供…オートモーティブ ワールド2024

日立ソリューションズは1月11日から、「モデルベース開発ソリューション」の「時系列データ自動テストソフトウェア」の最新版を提供開始した。

SDV時代に重要、ADaCが車載ソフトウェア技術を披露予定…オートモーティブワールド2024 画像
自動車 ビジネス

SDV時代に重要、ADaCが車載ソフトウェア技術を披露予定…オートモーティブワールド2024

ADaCは日本最大級の技術専門展、オートモーティブワールド2024内の「SDV EXPO - 車載ソフトウェア開発展 -」に出展する(1月24~26日、東京ビッグサイト)。

世界最大の57インチディスプレイ、ソフトウェア定義車両向け…CES 2024 画像
自動車 テクノロジー

世界最大の57インチディスプレイ、ソフトウェア定義車両向け…CES 2024

LGディスプレイ(LG Display)は、車載用としては世界最大の57インチディスプレイ「57インチP2P(Pillar-to-Pillar)LCD」を、CES 2024で初公開した。

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4