燃料電池 FCニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

燃料電池 FCに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
ホンダ FCX 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV
千葉市幕張に水素ステーション開所 都市ガス改質方式を初採用[訂正] 画像
自動車 ビジネス

千葉市幕張に水素ステーション開所 都市ガス改質方式を初採用[訂正]

JXTGエネルギーは3月12日、「千葉幕張水素ステーション」を千葉市美浜区に開所した。

2025年にHVとFCVの価格差を70万円に、水素・燃料電池戦略ロードマップ 画像
自動車 社会

2025年にHVとFCVの価格差を70万円に、水素・燃料電池戦略ロードマップ

経済産業省は、新たな「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を策定したと発表した。

山口大学、海水と淡水の塩分濃度差エネルギーで発電する装置を開発…FC EXPO 2019 画像
エンターテインメント

山口大学、海水と淡水の塩分濃度差エネルギーで発電する装置を開発…FC EXPO 2019

東京ビッグサイトで開催された「FC EXPO2019」には水素を利用したさまざまな製品、技術が展示されていた。その中で面白い技術を発見した。それは山口県パビリオンにあった塩分濃度差エネルギー(SGE)変換装置だ。

フランス生まれの燃料電池アシスト自転車、東京オリンピックまでの発売目指す…FC EXPO 2019 画像
自動車 ニューモデル

フランス生まれの燃料電池アシスト自転車、東京オリンピックまでの発売目指す…FC EXPO 2019

岐阜市に本社を構える清流パワーエナジーは「第15回国際水素・燃料電池展」(=FC EXPO 2019。2月27日~3月1日、東京ビッグサイト)に燃料電池アシスト自転車を展示、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに販売を開始するという。

京急バス、燃料電池バスSORAを公開---3月1日から東京お台場地区で運行開始 画像
自動車 ビジネス

京急バス、燃料電池バスSORAを公開---3月1日から東京お台場地区で運行開始

京浜急行バスは2月25日、民間事業者で初導入となる燃料電池バス『SORA』を、3月からの運行開始を前に報道陣に公開した。

トヨタ、燃料電池タクシー600台の配備目指す…欧州で新合弁 画像
エコカー

トヨタ、燃料電池タクシー600台の配備目指す…欧州で新合弁

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月21日、水素モビリティのさらなる推進を目指して、合弁会社の「HysetCo」を設立した、と発表した。

「次世代車の整備もロータスへ」認定店1300社突破で積極アピール 画像
エコカー

「次世代車の整備もロータスへ」認定店1300社突破で積極アピール

自動車整備のロータスクラブ(全日本ロータス同友会)は2月6日、同クラブが展開する次世代自動車取扱認定店が全国1300社に超えたと発表した、

ZFの電動パワートレイン、燃料電池バスに初めて搭載 画像
エコカー

ZFの電動パワートレイン、燃料電池バスに初めて搭載

ZFは1月15日、同社の電動パワートレインが燃料電池バスに初めて搭載された、と発表した。

FCV市場、2030年に2兆2084億円を予想 富士経済 画像
自動車 ビジネス

FCV市場、2030年に2兆2084億円を予想 富士経済

富士経済は、中国でFCトラック・バスの生産が急増するなど、世界的に市場が活性化しつつある燃料電池システムの世界市場を調査し、結果を「2018年版燃料電池関連技術・市場の将来展望」にまとめた。

トヨタとケンワース、水素燃料電池のゼロエミッショントラックを共同開発へ…CES 2019 画像
エコカー

トヨタとケンワース、水素燃料電池のゼロエミッショントラックを共同開発へ…CES 2019

トヨタ自動車(Toyota)の北米部門は1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、ケンワース・トラック社(Kenworth Truck)と提携を結び、トヨタの水素燃料電池を搭載したゼロエミッショントラックを共同開発すると発表した。

水素燃料電池二輪車の保安基準を導入、転倒時の衝撃緩和の要件を規定 画像
自動車 テクノロジー

水素燃料電池二輪車の保安基準を導入、転倒時の衝撃緩和の要件を規定

国土交通省は2018年12月28日、水素燃料電池二輪車の基準を導入するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を一部改正すると発表した。

ホンダ、スマート水素ステーション 70MPa の受注開始 FCVにフル充填可能 画像
自動車 ビジネス

ホンダ、スマート水素ステーション 70MPa の受注開始 FCVにフル充填可能

ホンダは11月21日、高圧水電解型の水素ステーション「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を開始した。

豊田自動織機、FCフォークリフトの実証実験を海外で初実施 トヨタ豪拠点に導入 画像
自動車 ビジネス

豊田自動織機、FCフォークリフトの実証実験を海外で初実施 トヨタ豪拠点に導入

豊田自動織機は、FC(燃料電池)フォークリフトの実証実験を2018年末までに豪州で開始すると発表した。同社製FCシステムを搭載したフォークリフトの実証実験を海外で行うのは初めての試みとなる。

世界初のプラグイン燃料電池車、メルセデスベンツが欧州で発売…GLC ベース 画像
エコカー

世界初のプラグイン燃料電池車、メルセデスベンツが欧州で発売…GLC ベース

メルセデスベンツは11月13日、燃料電池車の『GLC F-CELL』(Mercedes-Benz GLC F-Cell)を欧州市場で発売した。

テスラのライバル、ニコラが新型の燃料電池電動トラックを発表…最大1000馬力で航続1200km 画像
エコカー

テスラのライバル、ニコラが新型の燃料電池電動トラックを発表…最大1000馬力で航続1200km

米国のニコラモーター(Nikola Motor)は11月5日、水素燃料電池パワートレインを搭載する新型電動トラック、ニコラ『TRE』(Nikola TRE)を発表した。

トヨタの「モバイルピザ工場」、ミライの燃料電池パワートレインをタンドラに移植…SEMA 2018 画像
自動車 ニューモデル

トヨタの「モバイルピザ工場」、ミライの燃料電池パワートレインをタンドラに移植…SEMA 2018

トヨタ自動車の米国部門は、SEMAショー2018において、大型ピックアップトラックの『タンドラ』に『ミライ』の燃料電池パワートレインを移植したカスタマイズカー、『タンドラ・パイ・プロ』(TUNDRA PIE PRO)を初公開した。

トヨタ MIRAI、第2世代セーフティセンス標準装備 安全性能を強化 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ MIRAI、第2世代セーフティセンス標準装備 安全性能を強化

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)『MIRAI』を一部改良し、10月30日より販売を開始した。

「水素社会」を目指して21国・地域が東京宣言---FCV低価格化に向けて基準や規制の標準化を 画像
自動車 社会

「水素社会」を目指して21国・地域が東京宣言---FCV低価格化に向けて基準や規制の標準化を

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月23日、世界で初めて閣僚レベルが水素社会の実現をメインテーマとして議論を交わす「水素閣僚会議」を開催した。

水素をFCVにセルフで充填できるステーション、日本初 10月23日から稼働 画像
自動車 ビジネス

水素をFCVにセルフで充填できるステーション、日本初 10月23日から稼働

JXTGエネルギーは10月18日、「ENEOS横浜綱島水素ステーション」(神奈川県横浜市)で、国内初となる燃料電池自動車(FCV)に水素をセルフ方式で充填できるサービスを10月23日から開始すると発表した。

豊田自動織機、FCフォークリフト向けに東芝の再エネ水素充填所を設置 画像
自動車 ビジネス

豊田自動織機、FCフォークリフト向けに東芝の再エネ水素充填所を設置

豊田自動織機は10月5日、東芝エネルギーシステムズが施工する再エネ水素充填所を高浜工場に設置すると発表した。

VW、次世代の燃料電池車向け技術を開発…大幅なコスト削減が可能に 画像
エコカー

VW、次世代の燃料電池車向け技術を開発…大幅なコスト削減が可能に

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月27日、次世代の燃料電池車向け技術を、米国のスタンフォード大学と共同開発した、と発表した。

トヨタとJR東日本、水素を活用したモビリティ連携---鉄道車両へのFC技術導入 画像
エコカー

トヨタとJR東日本、水素を活用したモビリティ連携---鉄道車両へのFC技術導入

トヨタ自動車と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、鉄道車両に燃料電池(FC)技術を導入するなど、水素を活用した鉄道と自動車のモビリティ連携を軸とした包括的な業務連携を締結することで基本合意した。

豊田自動織機、EVやPHV、FCV向け製品を紹介へ EVS31 画像
自動車 ビジネス

豊田自動織機、EVやPHV、FCV向け製品を紹介へ EVS31

豊田自動織機は、9月30日から10月2日まで神戸コンベンションセンターで開催される「第31回国際電気自動車シンポジウム」(EVS31)に出展する。

トヨタ、燃料電池システムをバスメーカーに供給…欧州で実証実験へ 画像
エコカー

トヨタ、燃料電池システムをバスメーカーに供給…欧州で実証実験へ

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパ(Toyota Motor Europe)は9月26日、水素利用の拡大に向けて、ポルトガルでバスを製造・販売するカエタノバス社に燃料電池システムを供給すると発表した。

燃料電池で走る「究極のエコ列車」ドイツで営業運転、満タンで1000km走行[新聞ウォッチ] 画像
鉄道

燃料電池で走る「究極のエコ列車」ドイツで営業運転、満タンで1000km走行[新聞ウォッチ]

水素エネルギーを使った燃料電池で動く「究極のエコ列車」が実用化され、ドイツで営業運転が始まったという。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 37