燃料電池 FCに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
ホンダ FCX 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV
ENEOS、川崎にオンサイト式水素ステーションをオープン 東京五輪大会車両に供給 画像
自動車 ビジネス

ENEOS、川崎にオンサイト式水素ステーションをオープン 東京五輪大会車両に供給

ENEOSは6月10日、川崎市高津区に「川崎高津水素ステーション」を開所したと発表した。同社46か所目、首都圏で31か所目の商用水素ステーションとなる。

再生可能エネで水素を製造 東レや東電など共同で試験開始 画像
エコカー

再生可能エネで水素を製造 東レや東電など共同で試験開始

東レ、東京電力ホールディングス、東光高岳、山梨県は6月7日、再生可能エネルギーの電力でグリーン水素を製造し、化石燃料の利用を低減させるプロジェクト「H2-YES」でのP2G(パワー・ツー・ガス)システムの試運転を開始したと発表した。

ルノー、新型商用燃料電池車を2021年内に欧州発売へ…新合弁を設立 画像
自動車 ビジネス

ルノー、新型商用燃料電池車を2021年内に欧州発売へ…新合弁を設立

ルノーグループ(Renault Group)は6月3日、新型商用燃料電池車の2021年内の発売に向けて、新たな合弁会社の「HYVIA」を設立した、と発表した。

シトロエン初の量産燃料電池車、航続は400km 2021年秋欧州発売 画像
エコカー

シトロエン初の量産燃料電池車、航続は400km 2021年秋欧州発売

◆ベース車両のジャンピーはトヨタ向けにもOEM供給 ◆700バールのカーボン製水素タンク3個を搭載 ◆2021年末までに小型商用車の全ラインナップへEVを設定

トヨタ MIRAI 新型、航続1000km超え---燃料電池車の世界新記録 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ MIRAI 新型、航続1000km超え---燃料電池車の世界新記録

◆低重心プラットフォームの「TNGA」 ◆0-100km/h加速9秒で最高速175km/h ◆1003kmを走行して平均の水素消費量は0.55kg/100km

プジョー初の量産燃料電池車…ベース車はトヨタにも供給 2021年内に欧州発売へ 画像
エコカー

プジョー初の量産燃料電池車…ベース車はトヨタにも供給 2021年内に欧州発売へ

◆ベース車両のエキスパートはトヨタ向けにもOEM供給 ◆水素満タン状態での航続は最大400km ◆標準ボディとロングボディの2種類

トヨタ MIRAI の燃料電池技術、エッフェル塔を照らす…定置型水素発電機で 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ MIRAI の燃料電池技術、エッフェル塔を照らす…定置型水素発電機で

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は5月26日、新型『MIRAI』(ミライ)の燃料電池技術を応用したゼロエミッションの定置型水素発電機から得た電力によって、フランス・パリのエッフェル塔を照らし出すことに成功した、と発表した。

フォルシア、上海汽車から水素タンクを受注…水素モビリティ累計売上は2.5億ユーロ突破 画像
自動車 ビジネス

フォルシア、上海汽車から水素タンクを受注…水素モビリティ累計売上は2.5億ユーロ突破

フォルシアは、上海汽車から商用車大型フリート用の水素タンクを受注し、2021年の水素モビリティ関連の累計売上が2億5000万ユーロ(約331億円)を超えたと発表した。

ダイムラーとシェルが提携、水素燃料電池トラックの普及を目指す 画像
自動車 ビジネス

ダイムラーとシェルが提携、水素燃料電池トラックの普及を目指す

ダイムラートラック(Daimler Truck)は5月20日、シェルと提携を結び、欧州における水素燃料電池トラックの普及を共同で推進すると発表した。

トヨタTRI、次世代のゼロエミッション車向け素材を研究開発へ 画像
エコカー

トヨタTRI、次世代のゼロエミッション車向け素材を研究開発へ

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は5月18日、次世代のゼロエミッション車向け素材を、米国のおよそ10の大学と共同で研究開発すると発表した。

メルセデスベンツの燃料電池トラック、走行テスト開始 2027年に量産へ 画像
エコカー

メルセデスベンツの燃料電池トラック、走行テスト開始 2027年に量産へ

ダイムラートラック(Daimler Trucks)は5月19日、燃料電池トラックの走行テストを開始した、と発表した。

ENEOS、東京オリンピック・パラリンピックに再生可能エネ電力を供給…FCV向け燃料も 画像
エコカー

ENEOS、東京オリンピック・パラリンピックに再生可能エネ電力を供給…FCV向け燃料も

ENEOS(エネオス)は5月14日、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」関連施設に再生可能エネルギー由来の電気を供給すると発表した。

トヨタ、2030年にBEVとFCEVの販売を200万台に…新たな電動化計画公表 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、2030年にBEVとFCEVの販売を200万台に…新たな電動化計画公表

トヨタ自動車は5月12日の決算発表の場で、主要地域別の電動車比率などを織り込んだ2030年時点での電動車販売計画を公表した。同年のグローバルの電動車総台数は800万台で、うち走行時にゼロエミッションとなる電気自動車(BEV)と燃料電池車(FCEV)は200万台としている。

ウーブンシティでの水素エネルギー利活用の検討開始 トヨタとENEOS 画像
自動車 ビジネス

ウーブンシティでの水素エネルギー利活用の検討開始 トヨタとENEOS

トヨタ自動車とENEOSは5月10日、トヨタが建設を進めるWoven City(ウーブンシティ・静岡県裾野市)での水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始すると発表した。

【トヨタ MIRAI 新型試乗】存在するだけで尊い…岩貞るみこ 画像
試乗記

【トヨタ MIRAI 新型試乗】存在するだけで尊い…岩貞るみこ

リッチでゴージャスな雰囲気は、水素で走る特別なクルマ感がうまく表現できていると思う。私、好きだし、このデザイン。でも、全長4975mmは大きいけれど。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 73