運行管理アプリに交通違反検知サービスを追加 ゼンリンデータコム

ゼンリンデータコムのテレマティクスサービスがジェネクストの交通違反検知サービスと連携
  • ゼンリンデータコムのテレマティクスサービスがジェネクストの交通違反検知サービスと連携
  • ジェネクストのオートモーティブワールドブースイメージ

ゼンリンデータコムは、テレマティクスサービスと交通安全事業を手掛けるジェネクストの交通違反検知サービス「AI-コンタクト」とシステム連携し、物流事業者の交通事故防止をサポートする。

AI-コンタクトは、スマートフォンで取得した走行データと、全国の標識情報データベースを照合、交通違反を可視化する企業向け運行管理アプリ。今回、物流業界・運送業界の運行管理をサポートしてきたゼンリンデータコムのテレマティクスサービスとシステム連携することで、AI-コンタクトの交通違反検知機能を利用できるようにした。

対応する交通違反検知項目は速度超過、一時不停止、踏切不停止、進入禁止、右左折禁止。

ジェネクストは1月25~27日に東京ビッグサイトで開催されるクルマの先端技術展「オートモーティブワールド2023」に特設ブースを出展して今回のシステムを紹介する。

《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集