トヨタ『C-HR』 次期型にPHEV設定へ…コンセプトカー欧州発表

トヨタ C-HR プロローグ
  • トヨタ C-HR プロローグ
  • トヨタ C-HR プロローグ
  • トヨタ C-HR プロローグ
  • トヨタ C-HR プロローグ
  • トヨタ C-HR プロローグ

トヨタ自動車の欧州部門は12月5日、コンパクトSUVの『C-HR』の次期型を示唆したコンセプトカー、『C-HRプロローグ』(Toyota C-HR prologue)を発表した。

C-HRプロローグは、南フランスに拠点を置くトヨタの欧州デザイン部門「ED2」で設計された。現行C-HRと比較すると、大径化されたホイールや短いオーバーハングによって、スポーティさが強調されている。

フロントには、「ハンマーヘッド」を採用した。グリル開口部を小さくし、ヘッドライトをスリム化して、サメのように鋭い表情を追求する。また、スポーティな外観でありながら、現行型よりも室内空間を拡大しているという。

次期型のパワートレインに関しては、ハイブリッドに加えて、ヨーロッパで生産されたバッテリーを搭載するプラグインハイブリッド車(PHEV)が設定される予定だ。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集