【渋滞予測】年末年始の高速道路…ピークは下りが12月29-30日・1月2日、上りは1月2-3日

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 10km以上の渋滞回数

NEXCO3社、JB本四高速、日本道路交通情報センターは11月25日、年末年始(12月28日~1月4日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。

それによると、期間中に発生する10km以上の渋滞予測回数は上下線合計で169回。下りは12月29日(12回)・30日(13回)および1月2日(17回)、上りは1月2日(43回)・3日(36回)に渋滞が多発する見込み。最長は東名高速道路(上り)綾瀬スマートIC付近で、1月3日16時頃に55kmの渋滞が発生すると予測している。

高速道路会社各社では、渋滞予測の内容を確認のうえ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からも、利用日や時間帯を変更するなど、渋滞を避けた利用を呼びかけている。

●各社の特に長い渋滞発生予測

東日本
・東北自動車道(下り)1月2日10時頃 25km 羽生PA付近
・東北自動車道(上り)1月2日17時頃 35km 加須IC付近

中日本
・東名高速道路(下り)12月29日10時頃 45km 秦野中井IC付近
・東名高速道路(上り)1月3日16時頃 55km 綾瀬スマートIC付近

西日本
・名神高速道路(下り)1月2日16時頃 20km 旧山科バスストップ付近
・新名神高速道路(下り)1月2日16時頃 20km 旧山科バスストップ付近
・名神高速道路(上り)1月2日12時頃 25km 大津IC付近


《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集