小田急ロマンスカーの一部で乗降口扱いを変更…EXE・EXEα・MSEの4・7号車を締切 11月15日から

60000形MSE。東京地下鉄(東京メトロ)千代田線内での乗降口扱いは通常どおり。
  • 60000形MSE。東京地下鉄(東京メトロ)千代田線内での乗降口扱いは通常どおり。
  • 30000形EXEα。
  • 30000形EXE。4両分割編成も対象となる。
  • 特急ロマンスカー乗降扉の変更内容。赤い部分(4・7号車)が締め切られ、隣接する5・8号車からの乗降となる。
  • 本厚木駅のホームドア設置イメージ。下り1・2番ホームは11月26日までに、上り3・4番ホームは2023年度内に据え付けられる予定。
  • 本厚木駅に設置されるホームドアは、ロマンスカーに対応した大開口タイプ(右)となる。

小田急電鉄(小田急)は10月14日、一部の特急ロマンスカーで11月15日から乗降口扱いを変更すると発表した。

これは、特急ロマンスカーが停車する本厚木駅(神奈川県厚木市)で、11月19日の終電後にロマンスカーに対応する大開口ホームドアの設置工事が始まることによる措置で、4・6両の分割編成を含む30000形(EXE・EXEα)と60000形(MSE)の4・7号車乗降口が締め切られる(MSEは小田原線内のみ)。

特急ロマンスカー乗降扉の変更内容。赤い部分(4・7号車)が締め切られ、隣接する5・8号車からの乗降となる。特急ロマンスカー乗降扉の変更内容。赤い部分(4・7号車)が締め切られ、隣接する5・8号車からの乗降となる。

なお、本厚木駅のホームドアは下り1・2番ホームが2023年2月下旬、上り3・4番ホームが2023年度内に供用される予定。

本厚木駅のホームドア設置イメージ。下り1・2番ホームは11月26日までに、上り3・4番ホームは2023年度内に据え付けられる予定。本厚木駅のホームドア設置イメージ。下り1・2番ホームは11月26日までに、上り3・4番ホームは2023年度内に据え付けられる予定。
本厚木駅に設置されるホームドアは、ロマンスカーに対応した大開口タイプ(右)となる。本厚木駅に設置されるホームドアは、ロマンスカーに対応した大開口タイプ(右)となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集