ベントレー ベンテイガ のPHEV、高性能版「S」は462馬力…欧州設定

ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッド
  • ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッド
  • ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッド
  • ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッド

ベントレーは9月28日、プラグインハイブリッド車(PHEV)の『ベンテイガ・ハイブリッド』(Bentley Bentayga Hybrid)に、高性能グレードの「S」を欧州で設定すると発表した。

『ベンテイガ S ハイブリッド』のPHEVパワートレインは、エンジンが3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボ。ジェネレーターとしても機能する「Eモーター」と呼ばれるモーターは、最大出力が128psから136psへ、最大トルクは35.7kgmから40.8kgmへ、引き上げられた。

エンジンとモーターを合わせたPHEVシステム全体のパワーは、449psから462psに強化された。0~100km/h加速は5.3秒、最高速は254km/hの性能を発揮する。新しいバッテリーの蓄電容量は18kWh。EVドライブモードでは、最大43km(WLTPサイクル)のゼロエミッション走行を可能にしている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集