水際対策緩和へ---入国制限10月にも撤廃、個人旅行も解禁[新聞ウォッチ]

東京、皇居前広場(2019年10月)
  • 東京、皇居前広場(2019年10月)
  • 東京、銀座(2019年10月)
  • ダイハツ Nibako
  • 2022WEC第5戦

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウオッチ……。

新型コロナウイルスの水際対策で導入した水際対策を緩和し、1日あたりの入国者数上限を10月にも撤廃する方向で調整に入ったという。複数の政府関係者が明らかにしたと、きょう産経などが取り上げている。

それによると、個人旅行客の受け入れ解禁や短期滞在者の査証(ビザ)取得の免除もあわせて検討するそうだ。

松野博一官房長官も記者会見で「感染拡大防止と社会経済活動のバランスを取りながら進めていく」と強調。人数制限の撤廃や個人旅行の解禁、ビザ取得免除を一体的に検討する考えを示すなど、円安を受けたインバウンド(訪日外国人)消費の回復をめざすようだ。

一方で、政府主導の観光支援事業「Go Toトラベル」に代わる「全国旅行支援」を早期に実施する方向で調整しているという。現在都道府県が行う「県民割」を広げる形で、国交省には9月下旬に開始する案もあるが、官邸側は事業者の準備期間などを踏まえ、実施期間を慎重に判断するとも伝えている。

先週末、ドライブ旅行を兼ねて群馬県の宿泊施設で気の置けない仲間とBBQを楽しんだが、隣の席のアジア系と思われる数人の団体客は、テーブルに食べ散らかしたまま、炭火の後始末もしないで会場を去ってしまった。しばらく放置されたままだったが、やむを得ず従業員が片付けていた。郷に入っては郷に従えとはいうものの、言葉が通じない外国客らにルールを守ってもらいながらの“おもてなし”にも苦労が偲ばれる。

2022年9月13日付

●露の日産工場稼働停止延長(読売・9面)

●岸田内閣支持最低41%、不支持47%初めて逆転、本社世論調査、国葬説明「納得できぬ」64%(読売・1面)

ダイハツ Nibakoダイハツ Nibako

軽トラ荷台で即席店舗いかが、ダイハツ、取り付け簡単「陳列棚」貸し出し(朝日・6面)

●少額短期保険手軽さ人気、熱中症,車パンク、コロナ、ニーズつかむ(毎日・7面)

トヨタ勢が1、2位独占、世界耐久選手権(毎日・15面)

2022WEC第5戦2022WEC第5戦

●入国上限来月にも撤廃、政府調整、個人旅行も解禁(産経・1面)

●鳴らせ命のクラクション、バス置き去り対策次々、園児自らSOS訓練(東京・25面)

●EV電池材再生で出資、ホンダ、新興と技術提携、レアメタル効率回収(日経・15面)

●1ドル140円定着なら今期経常益8%増に拡大、トヨタ4500億円上振れ(日経・16面)

《福田俊之》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集