アウトバックは大きい、フォレスターは小さい…レヴォーグ クロスオーバー 登場?!

スバル・レヴォーグ現行
  • スバル・レヴォーグ現行
  • トヨタ・クラウン新型
  • 『CARトップ』10月号

CARトップ』10月号
発行:交通タイムス社
定価:480円(本体436円+税)

夏バテになりそうもない刺激的なスクープは、スバル『レヴォーグ・クロスオーバー』の噂。『レガシィ・ツーリングワゴン』の後継として日本市場にと導入されたステーションワゴンがレヴォーグだ。レガシィ・ツーリングワゴンは、SUVクロスオーバーの「アウトバック」が日本国内では存続している。

しかし北米市場をメインターゲットとするアウトバックは、日本市場ではボディサイズがやや大きすぎる。弟分のSUVとして『フォレスター』があるが、それでは小さいというユーザーもいる。つまり、アウトバックとフォレスターとの間に位置するのがレヴォーグ・クロスオーバーというわけだ。

いっぽう、新型が発表されたトヨタ『クラウン』は、ラインナップの中心車種がクロスオーバーとなった。このクラウンに、スポーツ仕様の「GRクラウン」が企画されているという情報だ。発表会で豊田章男社長は「個人的には“ない”」とコメントしていたが……。

トヨタ・クラウン新型トヨタ・クラウン新型

気になる見出し……●CT SCOOP クロスオーバー仕様レヴォーグ / GRクラウン●プロドライブP25●ホンダ VS ルノー 走って楽しい最新ハイブリッド乗り比べ●スポーツグレードRSが復活 ホンダ・フィット●20年ぶりに北米で復活! ACURA インテグラ現地試乗●お手頃スライド軽ハイトワゴン 一騎打ち●eKクロスEVで検証した軽EVのリアル

『CARトップ』10月号『CARトップ』10月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。
《高木啓》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集