ルーフテントを使って車中泊できるクルマにカスタム

マッツルーフテントのブース。
  • マッツルーフテントのブース。
  • 『Easy Camper TOWER』はスクエアタイプのルーフテント。荷台にフレームを取り付ければ、軽トラにだって設置可能。
  • ハシゴの手前にあるふたつの袋は、靴を入れるためのもの。
  • 『Easy Camper ShellFish』は簡易的な三角形型のルーフテント。
  • 『Easy Camper ShellFish』はコンパクトながらセミダブルのベッドサイズが確保されるので、ひとりで利用なら十分な広さ。もちろんふたりでの使用も可能。
  • 重量が38.5kgと軽量なので普通車よりも、軽自動車にオススメ。

2022年8月6~7日に幕張メッセで開催されていた、クルマやアソビギアを提案する日本最大のイベント『アソモビ2022 in Makuhari』。マッツルーフテントのブースでは、クルマのルーフトップに設置するテント(ルーフテント)が展示され、自由に体験できるようになっていた。

キャンピングカーを買うほどではないけど、車中泊できるようなクルマにカスタムしたいという人にピッタリなルーフテント。また就寝可能定員の数を増やしたいといったキャンパーにも最適だ。設置、体験が可能だったのは『Easy Camper TOWER』と『Easy Camper ShellFish』の2種。

ハシゴの手前にあるふたつの袋は、靴を入れるためのもの。ハシゴの手前にあるふたつの袋は、靴を入れるためのもの。『Easy Camper ShellFish』は簡易的な三角形型のルーフテント。『Easy Camper ShellFish』は簡易的な三角形型のルーフテント。

『Easy Camper TOWER』はボックス型で、開閉は手動ながらガスダンパーで開閉するため展開は非常に簡単。スクエアなデザインのためくつろぎやすいといった特徴がある。価格は30万4700円[税込み]。『Easy Camper ShellFish』は三角薄型の最軽量コンパクトモデル。総重量は38.5kgと軽いため、軽自動車やコンパクトカーにも負担が少ないのが特徴。就寝定員は大人2名となっているが、ひとり旅でとりあえず寝床が作れればいいといった簡易キャンパーの方にオススメ。価格は30万2500円[税込み]。ブースを訪れる多くのお客さんがルーフテントを体験し、ブース担当者がルーフテントについて丁寧に説明している姿が印象的だった。配布されていたカタログには、ルーフテントの選び方などが、手描きのイラスト付きで詳しく解説されており、読むだけでルーフテントに詳しくなれた。


《関口敬文》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集