JR九州の新観光列車、年間200-220日程度の運行に…9月23日にデビューする『ふたつ星4047』 

沿線の有明海や大村湾の水面に映えるパールメタリックを基調に金色のロゴとラインを配した『ふたつ星4047』のエクステリアデザイン。
  • 沿線の有明海や大村湾の水面に映えるパールメタリックを基調に金色のロゴとラインを配した『ふたつ星4047』のエクステリアデザイン。
  • 『ふたつ星4047』のレイアウト。
  • 決定した2号車「ラウンジ40」のインテリアデザイン。奥のカウンターはビュッフェで、沿線のフードや『ふたつ星4047』のオリジナル商品などの販売も検討されるという。
  • 西九州を2日で1周する『ふたつ星4047』の運行ルート。西九州新幹線が山側を走るのに対して、『ふたつ星4047』は海側を走る。
  • 9~11月の『ふたつ星4047』の運行日。
  • 『ふたつ星4047』の時刻。肥前山口は運行開始と同時に「江北」に改称される。
  • 『ふたつ星4047』の時刻。肥前山口は運行開始と同時に「江北」に改称される。
  • 武雄温泉駅(佐賀県武雄市)

JR九州は5月24日、西九州新幹線武雄温泉~長崎間が開業する9月23日から運行を開始する新観光列車『ふたつ星4047』の運行日、時刻、停車駅を発表した。

有明海や大村湾の景色が広がる長崎本線や大村線を走ることから「西九州の海めぐり列車」をコンセプトとした同列車は、キハ47-8092+キハ140-2125+キハ147-1045の3両編成。

『ふたつ星4047』のレイアウト。『ふたつ星4047』のレイアウト。決定した2号車「ラウンジ40」のインテリアデザイン。奥のカウンターはビュッフェで、沿線のフードや『ふたつ星4047』のオリジナル商品などの販売も検討されるという。決定した2号車「ラウンジ40」のインテリアデザイン。奥のカウンターはビュッフェで、沿線のフードや『ふたつ星4047』のオリジナル商品などの販売も検討されるという。

1号車のキハ47-8092と3号車のキハ147-1045は『はやとの風』からの転用車で普通車指定席。2号車のキハ140-2125はカウンター席やソファーも備える「ラウンジ40(よんまる)」と呼ばれるフリースペースで、『いさぶろう・しんぺい』からの転用車となっている。

年間200~220日程度の運行を予定しており、11月28日までの運行日は金~月曜と祝日。時刻は下りが武雄温泉10時22分発~長崎13時15分着(長崎本線経由)、上りが長崎14時53分発~武雄温泉17時45分着(大村線経由)。

9~11月の『ふたつ星4047』の運行日。9~11月の『ふたつ星4047』の運行日。西九州を2日で1周する『ふたつ星4047』の運行ルート。西九州新幹線が山側を走るのに対して、『ふたつ星4047』は海側を走る。西九州を2日で1周する『ふたつ星4047』の運行ルート。西九州新幹線が山側を走るのに対して、『ふたつ星4047』は海側を走る。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集