JR貨物も有料で撮影会…吹田機関区でEF210やEF66などが登場 5月21・22日

国鉄時代に誕生したマンモス電気機関車EF66 27。すでに定期運用を離脱している。
  • 国鉄時代に誕生したマンモス電気機関車EF66 27。すでに定期運用を離脱している。
  • 京都鉄道博物館で展示されていた時のEF210形300番台。

JR東日本ですっかり定着した有料の撮影会だが、JR貨物も5月9日、吹田機関区(大阪府摂津市)で5月21・22日に有料撮影会を開催すると発表した。

当日は定期運用を終えたEF66形直流電気機関車27号機(EF66 27)やEF210形直流電気機関車300番台など、複数の機関車が一堂に会し、一部時間帯では大阪府在住の親子向けに無料公開も行なう(子供は小学生以下)。

京都鉄道博物館で展示されていた時のEF210形300番台。京都鉄道博物館で展示されていた時のEF210形300番台。

開催時間は5月21日の第1回が15時~16時20分、第2回が17時30分~19時10分。5月22日の第3回が12時30分~13時50分、第4回が15時~16時20分、第5回が17時30分~19時10分。親子向けの無料公開は5月21日9時50分~10時50分。

有料撮影会は各回18歳以上の20人を募集し、参加費用は第2・5回が3万円、それ以外は2万7000円。

申込みは5月11日14時からジェイアールエフ商事のウェブサイト「かもつマルシェ」で受け付ける。


《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集