首都圏の高速道路、料金改定---都心を迂回 4月1日から

圏央道
  • 圏央道
  • 「起終点を基本とした継ぎ目のない料金」の例(ETC利用の普通車):(1)または(2)に迂回しても(3)の料金となっている。
  • 常磐道
  • 千葉外環 回利用割引対象エリア

NEXCO東日本NEXCO中日本は、首都圏の高速道路料金を4月1日に改定する(3月1日発表)。

現在、首都圏の高速道路料金は2016年4月から対距離制を基本とした料金体系に移行した。いっぽう、都心部の渋滞などに対し、圏央道や外環道の迂回利用が料金面で不利にならないよう、ETC車については「起終点を基本とした継ぎ目のない料金」を導入している。

今回、2022年4月1日からの首都高速道路料金の見直しに伴って、ETC車についてNEXCO東日本・中日本が管理する圏央道などを経由して走行する一部インターチェンジ間の料金を変更する。首都高速道路の上限料金見直し、深夜割引導入に伴って同一起終点で都心部(首都高速道路)経由の料金が変更となる場合があるが、圏央道経由などの料金の方が高い場合、圏央道経由などの料金を都心部(首都高速道路)経由と同額に引き下げる。

また、首都高速道路の湾岸線または横浜・川崎エリアを発着し、常磐道を利用するETC車が東京外環道の三郷JCT~高谷JCTを迂回して利用する場合、直行した場合と同じ料金になる「千葉外環迂回利用割引」を4月1日午前0時から導入する。

《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集