双日、米サンフランシスコ湾岸地域で自動車小売事業拡大…スバルディーラーのフランチャイズ権取得

マリンスバルのショールーム
  • マリンスバルのショールーム
  • 拠点マップ
  • スバルBRZ(北米仕様)
  • スバル・フォレスター(北米仕様)

双日は1月7日、新規設立した事業会社であるマリンサンワイズモーターズを通して、米国カリフォルニア州のスバル認定ディーラー「マリンスバル」のフランチャイズ権と資産を取得し、販売活動を開始した。

双日はこれまで、米国サンフランシスコ湾岸地域にて6店舗の自動車認定ディーラー事業(BMWブランド3店舗、MINIブランド1店舗、Audiブランド1店舗、中古車専売店1店舗)を展開しており、今回のマリンスバルが7店舗目。また、ディーラー店舗だけでなく、BMW/Mini、アウディ、テスラ、スバルの5ブランドの認定工場である板金・塗装サービス工場も同地域にて2拠点展開している。

カリフォルニア州は人口・GDP規模にて全米の約1割を占める米国最大の自動車市場であり、マリンスバルはその中でも富裕層が多く住むエリアに位置している。マリンスバルは、1979年の創業以来、米国で独自のブランドイメージを確立しているスバル車の販売を通じて、強固な顧客基盤を持つ。

双日は、サンフランシスコ湾岸地域で、人材やファシリティーなどの経営資源の共有による拠点間のシナジー効果を追求することで、地域に密着した販売拡大とサービス拡充を通して地域社会に貢献するとともに、事業価値の向上を図る。

また、新型コロナウイルスの流行による新しい生活様式をはじめとした時流の変化を捉え、デジタル技術を取り入れた非対面販売体制やオンライン販売体制の構築にも挑戦し、今後も持続的な成長が見込まれる米国およびその他市場にて自動車ディーラー事業を強化していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース